トイレのタンクの故障で水漏れ

■タンクを交換しなければいけない事態

毎日使う設備のトイレは、故障するだけで大きな問題を抱えます。日常生活に欠かせないため、できるだけ早く修理することが求められます。特にタンクの問題は水漏れを起こしたりすれば、大量の水が流れ出すリスクがあるため、注意が必要な部分です。
トイレのタンクから水漏れするケースはいろいろとありますが、状況によっては交換する場合もあります。タンクにヒビが入っている状態も、すぐに交換が必要です。陶器でできているタンクが一般的ですが、樹脂製のものも販売されています。割れたりしないように作られていますが、大きな力がかかったときにはひびが入り割れる可能性はゼロではありません。タンク本体に力がかかるだけではなく、つながっている配管に力がかかり割れてしまう場合もあります。こうしたトイレの故障は、素人では難しい部分が多いので、速やかに業者に対応してもらいましょう。

■結露防止材が故障の原因に

陶器製のタンクの中には、結露防止材が貼りつけられています。トイレのタンクには常に水が溜まっていますが、結露してしまうと強度を失うことにもつながりかねません。そこで結露防止材が使われていますが、内部で膨らんでしまうことが出てきます。そうなると、ほかの部品を圧迫して故障の原因になることもあります。最近の便器のようにタンク陶器内に防露層が設置されているものは、故障個所を含めてタンクを新しくすることになります。
タンクの種類によって結露対策は異なっており、タイプが外部からのぞいただけでは判別できない部分のため、定期的に内部を点検する必要があるでしょう。

■タンクの不具合は症状で原因がわかる
タンクの内部には多くの部品が使用されており、同じ品番を購入すれば自分で交換することもできます。自分で修理しようと思った場合は、まずは原因を特定します。どこに問題が発生しているかは、タンク内の状態を確認することでおおよそ見当をつけることができます。
本来の水位よりも高いところにあれば、ボールタップや浮き球に不具合があると考えられます。水位が低いということであれば、タンク内に溜まった水が便器に流れ続けることになります。この場合はフロートバルブや鎖の修理が必要です。タンク内の適正水位の目安は、オーバーフロー管に記載されています。
たとえ自分で修理することが難しい場合でも、症状と原因がわかっていれば、業者へ修理を依頼する際にも伝えやすいため覚えておくと役に立ちます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ