トイレのタンクが原因の水漏れが起こった場合どうするべきか

■最初にやるべきこと

トイレが水漏れした場合、最初にやらなければいけないのは止水栓の確認です。止水栓は漏れている個所によって異なりますが、トイレの場合はタンクのすぐ近くにあります。タンクの配管はネジ式かバルブ式かに分かれますが、ネジ式の場合はドライバーで閉めましょう。バルブ式は手で簡単に回すことができます。
止水栓が閉まらない、もしくは動かない場合は、故障している可能性があるのでただちに水道業者に依頼し対応してもらいましょう。
トイレの水漏れでもっとも多いのは、長年使用することで起こる経年劣化になります。タンクから漏れるケースがほとんどですが、便器や給水管、ウォシュレットの給水ホースなどさまざまな場所から起こります。
止水栓を閉めるのは水漏れを起こしたときに真っ先にやるべきことですが、応急処置にしかならないので、完全に直すにはプロにお願いするのが賢明でしょう。

■ボールタップの原因と修理法

トイレのタンク内にあるボールタップは、水の流れを止める必要な部品です。水漏れの原因はここにある場合、不具合を起こしているためどんどん水が溢れてくると言われています。不良の原因はさまざまですが、一番大きいのはパッキン部にあります。パッキンの交換はプロでなければ難易度が高いので、よほど技術がない限り自分で直すのは困難です。
ボールタップは消耗品でもありますから、長年使用している場合は注意してください。
修理方法は、トイレの止水栓を閉め、ナットを外してから新しいものに換えます。このナットから水が漏れることもあります。
ボールタップを新調し交換は完了です。このとき、連結管を下にしてから止水栓を開き、タンクの蓋も忘れずに元に戻しましょう。それでも水漏れを起こしている場合は他の原因が考えられます。

■フロートバブルの原因と修理法
フロートバブルの不良でも、トイレの水漏れは起こります。フロートバブルはゴム製になっており、常時水の中にあるので劣化しやすいと言われています。ボールタップに比べ劣化が早いので、ボールタップに異常がない場合はこちらを確認する必要があります。
修理は交換がもっとも一般的な方法ですが、ボールタップ同様、トイレのタンク内にあります。
止水栓を閉めたら、タンクの蓋を開けてレバーとチェーンフックを外します。フロートバブルは種類によって取付取外し方法が異なるので、説明書の通り行ってください。
新しいフロートバブルを取り付けたら、連結管を下にしたら止水栓を開いてタンクを閉めます。
レバーをひねって、タンクから水漏れしていなければ修理できていることになります。
交換しても直らない場合は、他の原因も考えられるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ