トイレの水漏れ時の自分でできる修理方法

■水漏れの原因となる詰まりの対処法

トイレの水が詰まることで、逃げ場のない水が漏れることがあります。この場合には詰まりを改善することで水漏れの対処が可能となります。詰まりを解消するためにまず簡単にできるのが40~50℃程度のお湯を流してみる方法です。一気に流さず量を調整しつつお湯を流すと改善されることがあります。
お湯を流すだけで改善されない場合には、自宅にある重曹とお酢を便器の中に入れ、その後に40~50℃程度のお湯を流す方法もあります。これによって排水管に付着した汚れが流れていくことがあります。
また重曹とお酢よりも高い効果が期待できるものとして、市販のパイプクリーナーがあります。使用方法に従って詰まりの改善を図ることも可能です。ただこれでも改善がされない場合は、それ以上自分で作業をすることは止めて専門の業者に相談をした方がいいでしょう。

■排水管や便器の水漏れの対処法

床や便器回りが濡れていると、配水管か便器から水が漏れていることが多くあります。この場合には水栓を一度止め、水が漏れている個所を確認してみてください。漏れている個所が確認できれば、その部分の水分をしっかりと拭き取ります。
拭き取った後にパテで穴を塞ぐ方法があります。パテはホームセンターで販売されており、誰でも作業が気軽にできます。パテをしっかりと練り、必要な分だけ穴に盛り付けて十分に乾燥させます。隙間ができないように適量のパテで穴を塞ぐことが注意点です。
またパテよりも簡単な方法が補修テープです。様々な種類がありますが、使いやすいタイプを選択するといいでしょう。テープを張り付けるだけで簡単に補修ができるため、パテほど面倒ではありません。

■業者に依頼しなければならないケースもある
トイレの水漏れが起こったら、自分で対処できる方法もあります。ただ改善されない場合には、水道修理の業者に速やかに連絡をする必要があります。そのまま放置していると、症状が良くならないどころか、より悪化してしまうことも多くあります。
トイレの詰まりがパイプクリーナーでも改善されない場合には、配水管の洗浄を水道修理の業者に依頼しなければなりません。パイプクリーナーで何度も作業をするとより症状が悪化する場合もあり、修理料金がより多くかかることもあります。そのため早めに業者に連絡をしてください。
便器や排水管からの水漏れの場合、パテや補修用テープで改善されますが、これは一時的な応急処置です。その後再度水漏れが起こるため、できるだけ早く業者に連絡をしてください。そのまま放置していると症状が悪化しますし、修理料金も多くかかってしまいます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ