トイレの水漏れが起きたときにリフォームも検討

■修理と同時にリフォームを

毎日の生活の中で、トイレを使う機会はたくさんあります。どんな人でも毎日使う設備のため、水漏れを起こしたりしてトラブルになれば、かなりの影響を受けてしまうでしょう。できるだけ早く復旧させてしまう必要がありますが、故障した箇所によっては非常に大掛かりな修理になるときがあります。大掛かりになると、思っている以上に費用も掛かるようになりますし、修理にかかる時間も取られる可能性が高まります。故障個所に関係ない場所を外したりする手間もかかりますが、この修理をいい機会として捉え、リフォームにつなげるという建設的な考え方もあるでしょう。
普段外さない部品を撤去して修理するなら、その手間を利用し周りのものも新しくしてしまうというのがリフォームにつなげる基本的な考え方です。

■便器を外せば同時に床材も直せる

トイレの水漏れしやすい箇所はいろいろとありますが、タンクや便器を取り外さなければいけない状況があります。排水管の接続部からの水漏れなどは、便器を外さなければ対応できません。パッキンを交換するとしても、配管を外すなどしますが、動かさなければ外れないため、かなり大掛かりになります。
便器を外すのであれば、床材を交換したりもできるでしょう。便器がセットされたままでは外せない部分が出てきて、仕上がりもきれいに上がりません。この作業すると、当然費用がかかるため、リフォームを同時にすれば効率的な方法になるでしょう。費用的な部分だけではなく、施工の効率を上げて使えない時間も短く抑えられます。

■デメリットをメリットに
トイレも水漏れなどを起こせば、さまざまな問題が出てきます。床材や壁が濡れてしまい、交換する必要がある場合もあるでしょう。部品の経年劣化などが原因であれば、ほかの箇所から水漏れする可能性も出てきます。何度も修理を繰り返さなければいけない事態も生まれることもあり、リフォームして新しい環境を作るのも、生活を考えれば理想的な方法です。
毎日使う設備をリフォームすれば、生活の質も高くなり快適な環境の構築に繋がります。バリアフリーにしたりして、将来に備えるという方法も修理とともに取れます。タンクを使わないタンクレストイレにして、節水効果を高めて費用削減を検討するのもリフォームだからできる特徴です。修理というデメリットをうまくメリットにする方法にもなるため、大掛かりなときには同時に検討するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ