トイレの故障でよく発生するのが水漏れ

■タンクの水漏れを解消する手段

トイレにはタンクが取り付けられており、ここから水漏れが起こる場合も想定しておかなければいけません。どのような故障が多いのかというと、ゴムフロートが劣化して水漏れをするケースです。ゴムフロートというのは、タンクの底にあるゴムの栓になります。このゴムフロートが劣化すると、水を流した後にずっとじわじわ流れ出てきてしまうのです。他の部分が故障している可能性もありますが、ゴムフロートが劣化してすり減り、その隙間から水漏れが起こっている可能性もあるので、交換すれば改善できる場合が多いでしょう。
交換する際には鎖が繋がっているので、工具を使ってオーバーフロー管やボールタップを取り外す必要もあるため、少々難易度が高くなっています。交換した直後なのに水が止まらず垂れ落ちてくる場合には、ゴムフロート自体がずれていることも考えられます。

■床にじわじわと流れ出ている場合

便器と床の隙間から水漏れが起こることもあるでしょう。新たに設置したばかりなのに水漏れが起こっている場合には、取り付けが甘いことが故障の原因だと考えられます。設置した直後であれば無料で対処してもらえるので、すぐ設置したところに知らせます。設置してからかなり時間が経過している場合には、床下と便器を繋いでいるフランジパテという部分の劣化や故障が考えられます。
集合住宅だと、風呂とトイレが一緒になっているケースもあります。ユニットバスでシャワーを使うと、水が飛び散って濡れることもあるでしょう。こういった状態に遭遇した場合、水溶性で色の付いた水をトイレに流した後に、漏れている疑いのある箇所の色をよく見るとわかりやすいです。

■ウォシュレットのトラブル
最近はウォシュレットが取り付けられているトイレも多数販売しています。とても便利なので導入している家庭や施設も多いでしょうが、ウォシュレットが故障したことによって、水漏れが発生することもあるのです。しかし、ウォシュレットは便器の中に取り付けられているので、故障に気が付かない人も多いです。いつの間にか水道代が上昇している場合には、ウォシュレットを確認してみるのも1つの方法です。
もし水漏れを発見した場合には、まずどこから漏れているのかを突き止めます。発見したらノズルを出して目視します。問題があれば交換することになるので、部品を購入しないといけません。部品はホームセンターやオンラインショップでも販売されていますが、難しい場合には水道業者に依頼した方が無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ